経営責任者 

​今田 真吾 (2008年入社)

《就職活動》

兄が弁護士ですので、「士業」は身近に感じていました。「社会保険労務士」という職業は知っていましたが、その奥深さに気づいたのはサトーに入社してからです。 

 

大学卒業後は、通信会社(ケーブルテレビ)に就職、回線の営業をしていました。大学時の就職活動では自分がどんな仕事に向いているのかわからず、多くの企業を回り、様々な企業の方に会いましたが、とある企業の営業の方がすごく輝いていたことが印象的で。そこから自分も営業職を極めると決め、通信会社に就職。猛烈に営業をしました。

 営業職を極めることに揺るぎはなかったのですが、営業実績の数字を成果として残すだけでいいのか、と思うようになりました。何か顧客に付加価値を提供できないか、と考え、弁護士の兄がきっかけで社労士の業界に飛び込みました。

「社会保険労務士は、企業で働く従業員が働きやすい環境を創るのが仕事。それだけではない。経営者が人事労務分野のことは安心して会社経営に注力できるように支援するのも社労士の重要な仕事だ。」前代表が面接で私に言った言葉です。今でも忘れません。

 そのとき前代表は、もっともっと顧客を増やしていきたい、広島で、中四国で一番の社労士事務所になるんだとも言っていました。これから伸びていくであろう予感がして、ゾクゾクとしたのを覚えています(笑)。


《仕事内容》

実際、私が入社してからサトーは大きく成長していきました。顧客数も当時の2倍に増え、売り上げも3倍になり、中四国で最大手の社労士事務所となりました。

​お客様と真摯に向かい続けていくことで信頼をいただけるようになり、ここまで大きく成長できたと思います。

 今では、コンサル部門(人事制度構築、就業規則など規程類整備、助成金提案・申請、人材確保・定着支援、など)の部長を務め、部門はもちろんサトー全体の営業戦略立案にも深く関っています。